利用者の声

体験談(女性)

1.国試黒本の外観(サイズや携帯性など)について

表紙のデザインがオシャレで電車の中などで開いても恥ずかしくなく、逆に見せたいくらいです。カバーを外してもこだわりが感じられます。紙のシワの感じがかっこよく肌触りもよくて、とても素敵です。日本の心を感じます!
上・下2冊でもかさばらないのでどこでも持っていけるので便利です。文庫本サイズで国家試験すべての範囲を網羅している本は他にはないと思います。

2.国試黒本の内容で良かった点や役立つ点について

大事なポイントをただ羅列するのではなく、覚えやすいように表にまとまっているのでとても頭に入りやすいです。また、表を参考にしながら自分でも新たに表を作成してみたりして、色んな意味で参考になりました。見ているだけより、自分の手で作成することでより定着するのではないかと思います。
文字の大きさや間隔もちょうどよく、見やすくまとまっていると思います。
個人的に「国試ワンポイントアドバイス」を読むのが好きです。どのように学習を進めていくか、というみんなが知りたいことを教えてくれるので、一人でも不安にならず勉強できます。
私は一人で孤独に勉強したい派なので、そんな人でも挫けず学習を進めていける気がします。

3.国試黒本を使った自分の学習法について

学校の対策授業で解いた問題のうち、自分が間違えた問題の内容に相当する部分を黒本にマークしています。黒本に載っていない内容は、メモの部分に補足で書いておきます。
自分で補足してマークやメモするときには、ペンの色を変えることで分かりやすくしています。
赤シートで隠して解くときは、間違ったところにチェックをして、できるようになるまで繰り返して解きます。
また、国試対策だけでなく、学校の定期試験対策としても活用しています。授業が終わったらできればすぐ(休み時間や昼休み)、その日習った範囲を黒本を読んで復習し、頭に入れます。私は記憶力が悪いのでテスト前に一気に詰め込むことができず、この方法で乗り切っています。

4.国試黒本のおすすめポイント

黒本のコンパクトさを生かして勉強するのがいいと思います。
15分空き時間があればどこでも開いて勉強するくらいの気合でいるといいのかなと思います。電車の中で、友達との待ち合わせ場所で、トイレの中で、ごはんを注文して待っている時間、どこでも勉強できるのが黒本の良さだと思います。
キレイに使わず、たくさん書き込みをして汚くして自分だけのオリジナルの黒本にしていくのもひとつの楽しみ方かなと思います。卒業するときに、自分はこんなに頑張ったんだ、と思えるほどボロボロに使い込めたら素敵だなと感じます。私はまだキレイなのでもっと使い込みます。

問い合わせはこちらよりお願いします
メール問い合わせ / 03-6276-7771(受付時間:月~金 10:00~19:00)

利用規約 オーダーガイド 特定商取引 サイトマップ

Copyright (c) 2006-2012 AQUAMOON PUBLISHING, Inc. All Rights Reserved.